太陽光発電システムを導入する3つのメリット


光熱費・電気代の節約が可能

太陽光発電システムを導入するメリットとしてまず挙げられるのが、電気代の節約です。自然界に溢れる太陽光線を集めて発電するシステムによって、生み出された再生エネルギーを使用することで電力が得られます。火力発電所のような燃料や、特殊な動力源が必要ありません。設置容量1kWにつき、一年間でおよそ1,000kWhもの電力量が確保できると言われています。一般家庭で一年間に使用される電力量の、約90%もの電力がまかなえることから電気代の大幅な節約となることが分かります。

故障しにくくメンテナンスの手間も少なめ

太陽光発電はリスクが少ないことでも知られており、故障やメンテナンスの手間が少ない点もメリットの1つです。リリース当初に比べて現在はシステムの進化が目覚ましく、20~30年間は安定して使い続けられるほどの品質へと成長しています。火力発電など他の発電システムとは異なり、エンジンやタービンといった複雑な機構を持たないため故障のリスクが低い点も有利に働いています。汚れへの耐性もアップしており、基本的には4年に1回程定期メンテナンスをしていれば問題ないと言われるほどです。

災害や停電など万が一の際に安心

電力会社に頼らず、自宅のシステムで発電できるため万が一の際に安心な点も大きなメリットです。台風や地震といった災害、急な停電に見舞われても太陽光さえ確保できれば発電できます。電気の供給がストップしている状態でも空調や冷蔵庫の稼動、テレビなどによる情報収集も可能です。電力を貯めておくには蓄電池の併用が必要となりますが、非常時に備えて導入しておけば災害時も不自由することなく過ごせて安心です。

太陽光発電の価格に加えて、設備の充実度を検討する事ができます。予算の範囲内で、メリットを確認して選ぶ事も可能です。