店舗やオフィス内の収納スペースの狭さの悩みを解消!貸し倉庫の選び方のポイント


そもそも貸し倉庫とは!?

店舗やオフィス内の収納スペースが狭くて荷物を置き切れない!と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。そんなときに、荷物を預かってくれる貸し倉庫の利用が便利なのでおすすめします。近年では、貸し倉庫はレンタルスペースやトランクルームとも呼ばれています。貸し倉庫は、賃貸物件とは違って人が住むのではなく、荷物を置くことを前提としたスペースです。賃貸物件よりも安くて広いスペースを借りることが可能です。倉庫業法に基づいて運営されているため、貸し倉庫は荷物の保証が義務付けられています。もしも盗難や火災などの災害があった場合、荷物を失ったり、破損などのトラブルがあっても、運営会社による保証を受けられます。

ベストな貸し倉庫の選び方のコツは?

貸し倉庫を借りたことがない人は、色んなタイプの倉庫があるので、選び方に迷いますよね。貸し倉庫を探す前に、倉庫に何を預けるのかを決めて、その物品の種類に合わせて最適なスペースを借りるのがポイントです。たとえば、大事な書類や高価な物品を預けたい場合は、室内で空調管理やセキュリティ対策が整った貸し倉庫を借りるのがよいでしょう。そして、耐久性のある工具や資材、機材などの荷物は、室内タイプより安く借りられる屋外に設置している倉庫を借りるのがベストです。そして、「借りた倉庫が広すぎて余分なスペースがある」「思ったよりも狭かった」など。こういった後悔が残らないように、預ける荷物の量に適したスペースを見極めるのもコツです。

3PLを活用することで、コアビジネスへ集中投資することが出来ます。また、固定資産を削減して変動費化が可能となり、キャッシュフローが改善します。