物流の倉庫は買う?それともレンタルにする?それぞれのメリットやデメリットを紹介


物流の倉庫を買うメリットやデメリットとは?

物流の会社で倉庫を買うか、それとも賃貸で借りるか悩むことはありませんか?損をしないためにはどちらを選べばいいのかと考えることもありますよね。倉庫を買うメリットは、会社の資産になるため、不動産担保や運用に利用できるところです。資産価値が上がれば、他の企業に貸すこともできるので、利益を増やせる可能性もあるというのも良い点です。そして、賃貸料金を持続的に支払う必要がないため、初期費用はかかるものの、全体のコストは抑えられるでしょう。倉庫を買うデメリットは、大きな買い物になるため、多額の費用を準備しなければいけない点が挙げられます。銀行に借入を申し込む必要が出てくることもあるでしょうし、経営難になれば金銭面で苦労することも考えられます。

物流の倉庫を借りるメリットやデメリットについて

物流の倉庫を借りるメリットは、初期費用を抑えられるところです。倉庫を購入する場合とは異なり、最初に建設することや、修繕する必要がないため、借りるほうが初期費用は断然安いところが魅力です。そして、会社の経営が苦しくなったときは、賃貸の退去の手続きをすぐに進めやすい点も良いところです。倉庫を借りるときのデメリットは、利用に制限があるケースもあるという点です。利用時間の制限や保管できる物品の種類など、様々なルールがある場合も多いので、契約内容はよく把握しておく必要があるでしょう。そして、立地の価値が上がれば、賃料の値上げを求められる場合もあるのもデメリットのひとつ。そういった問題があとから起きないように、契約内容をチェックするときは、契約更新時のことや賃料についても確認を取っておきましょう。

物流とは物や商品を配送したり輸送するといったことだけを指すのではありません。荷物の在庫管理や保管管理、荷物の包装等も含まれます。